起業/起業セミナー

営業外損益、経常利益

投稿日:2018年12月10日 更新日:

営業損益は、営業活動で得た利益から損失を引いて、総合的に会社の主たる営業活動で得られた利益を指しております。
営業損益に対して、営業「外」損益というものがあります。

営業外損益の中でも、まずは収益についてです。
これはそのまま、本業の営業活動以外で稼いだ収益を指します。営業外利益と呼ばれることもありますが、ほとんど同一の意味で使われています。これは例えば、不動産収入で入ってきた利益や、株の配当金などを指します。

ただし、突発的ではない、ある程度収入が読めていた場合に限ります。
例えば被災をしたために受け取った保険金などに関しては突発的だと言えるので、特別利益として扱われます。商売をする上の直接的なサイクルではないですが、平常時の活動より生まれている収益と言えるでしょう。

決算時によく見られる項目としては、「受取配当金」や「受取利息」(株式や預金等によって受け取るもの)、「為替差益」(為替レートの変動のために、縁換算した時に増えたもの)、「持分法による投資利益」(関係会社の投資から受け取る利益)などがあります。逆に、費用としてかかったものを「営業外費用」といいます。これは本業以外で使ったものを指します。

例えば借金をしたことで支払うことになってしまった利息に関しては、営業外費用として扱われます。

営業利益と、営業外利益を足したものから損失額を差し引くと、全体の利益がはっきりと算出することができます。これを「経常利益」といい、会社が通常の営業活動を行う事であげられている利益になります。最終的にこの経常利益を算出する必要があるので、それぞれしっかりと計算をしましょう。

-起業/起業セミナー

Copyright© Florist Eglinton【※普通の花は取り扱っておりません】 , 2020 All Rights Reserved.