自動車免許/合宿免許

原付免許の取得

投稿日:2018年12月16日 更新日:

運転免許の中でも比較的簡単に取れる種類として、原付免許があります。
正式名称は原動機付自転車免許で、原付やスクーターなどを走らせることができるようになります。取得は16歳からと低めに設定されており、その難易度も低めになっていると言われています。この原付免許は、普通自動車面を取得した時に一緒に取れるようになっています。

試験は、運転免許のセンターなどで行われます。事前の申し込みなどは必要なく、当時に住民票の写しや本人確認書類などの必要書類を持って行けばすぐに試験を受けることができます。試験に受かればその後に原付の講習を受けることが出来るので、即日に原付の免許を受け取ることが可能になります。試験の当日は、受かった時に原付の講習を受けることになるため、動きやすい服装が定められているようです。

原付の試験は学科試験になっており、○×の文章問題がほとんどで、2問がイラストの問題になっているそうです。合格率は90%で少し難しいと感じるかもしれませんが、しっかりと勉強をした上で落ち着いて臨めば問題なく合格できるレベルと言われているようです。元々の知識がある人なら数日勉強をしただけで取得ができたということもあるそうです。また、普通免許と同じく、3年~5年に一度更新も必要となります。期間に注意して、必ず間に合うように更新を済ませましょう。

運転免許の中でも簡単に取れますが、免許証としては顔写真も付いているので便利な本人証明書として使うことが可能になります。顔写真のついた証明書は免許書以外に取得するのはなかなか難しいと言えるでしょう。運転免許の中でも勉強が少なく、かつ即日交付をしてもらえるので取得を考えるのも良いかもしれません。

-自動車免許/合宿免許

Copyright© Florist Eglinton【※普通の花は取り扱っておりません】 , 2020 All Rights Reserved.