投稿記事

組み合わせ

更新日:

麻雀のテクニックとして、「組み合わせが広くなるように残す」というものがあります。このスキルは手が高くなるように残したり、安全なものを切ったりするスキルにも通じています。

例えばできるだけ外側の牌を切るのも良い例でしょう。そうすれば、組み合わせを無難なものにすることが出来ます。外側のトイツを落とせば、メンタンピンも見えてきます。もちろん目指すのに過ぎませんが、プレーヤーにはそうした感覚が求められるのです。他にも聴牌に向かった打ち方が考えられます。

この戦略は棒テンと呼ばれ、上述した外側志向とは対照的なものになります。5ブロックを基本戦略とするならば、この棒テンと外側志向とを上手く使い分けることが鍵となります。

つまり棒テンの5ブロックと外側志向の5ブロックとが存在するわけです。この2つの戦略をマスターすれば、初心者としては上出来と言えるでしょう。マスターするまでには、棒テンのスピード追及、外側志向の高さ追及が、難しいスキルだと感じられるはずです。

こうしたバランス感覚は、何度も回を重ねることで身に付ける他ありません。最終的には自分自身で状況判断することが求められるからです。構想力は一朝一夕では養えませんから、職人を目指すつもりで修業しなければなりません。

コンパクトタイプの全自動麻雀卓も販売されていますので極めたい方は購入を検討されてみてもいいかもしれません。修業は4メンツ1雀頭の難しさを知ることから始まります。

適切な表現ではありませんが、揺れ動くのを上手く捉える必要があります。裏を返せば、揺れ動いていない時は、誰でも対処できるということです。誰でもアガれる状況を繰り返しても修行にはなりません。

やはり混沌とした状況を打開するためのスキルを養わなければならないのです。

-投稿記事

Copyright© Florist Eglinton【※普通の花は取り扱っておりません】 , 2019 All Rights Reserved.