投稿記事

警告や低姿勢のサインについて

更新日:

犬が歯をむき出しにして鼻にシワを寄せて犬歯をむき出しにしているときは、「噛むぞ」という最終警告だそうです。こうなると実際に噛む気満々だそうですが、本音は「あっちに行って」というのだそうです。小さな子供に対してこういった表情を見せたら、犬を離さないといけないようです。小さな子どものいたずらでも犬が真剣に嫌がっているときもあるので要注意だと思います。犬は怒っていても、相手がどこかに行ってくれたらそれでいいようです。

相手が引けば追いかけてまで噛むということはないようです。ちなみに、遊んでいるときに歯を見せるのは「噛まないよ」というアピールだそうです。プロレスごっこみたいなじゃれ合いをしているそうです。ロープなどの噛みついて遊ぶ犬のおもちゃがあるのはこうした遊び方が犬にとって、とても楽しいからかもしれません。

耳を下げて上目遣いをするときは、「嫌だなぁ」というサインだそうです。逆らえない相手に対して、渋々要求を受け入れるといったところだそうです。この仕草は、なるべく争いをしたくないというポーズでもあるそうです。喧嘩はしたくないようです。じっと目を見てくるのはなんと「大好き!」のサインだそうです。犬のキラキラした瞳はラブラブのサインだったりするそうです。ただ仲良しというだけでは犬は相手の目を見たりはしないそうです。だいたい目をそらしたりするそうです。

信頼して大好きな相手だけに目を合わせてくるそうです。人間同士のアイコンタクトと同じように気持が通じていることが大切なようです。

でも全く知らない犬の場合は怖くて目が離せないからだそうです。

また嫌いなシャンプーの前とかキャリーバッグに入れられるとか病院に連れて行かれるとか警戒心があるときも目をじっと見つめてくるそうです。犬は飼い主の行動を察知する能力に長けているのでバレてしまうようです。

-投稿記事
-

Copyright© Florist Eglinton【※普通の花は取り扱っておりません】 , 2019 All Rights Reserved.