投稿記事

外装リフォームの外壁材選び

更新日:

屋根工事や外装リフォームでは、塗料による塗替えやサイディング、タイルによる張替えなどのように、いくつかの方法があるそうです。塗料で注目したいのはグレードだそうです。主な塗料には、グレードの低い順に、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素があるそうです。これらの違いというのは、塗装をしてからの耐用年数だそうです。価格も耐用年数に応じて高くなるそうです。価格は高くなるそうですが、セルフクリーニング機能のある「光触媒塗料」も注目されているそうです。どの塗料がその程度の耐用年数かということは、商品によっても異なるそうです。リフォーム会社に直接聞いたりするほうがよいそうです。また、見積もりを取ったときに費用だけを比べるのではなくて、グレードをチェックするのも必要だそうです。サイディングというのは、窯業系と金属系に大きく分かれるそうです。窯業系はセメントと各種繊維を主原料にして、高温・高圧で成形したものだそうです。表面のデザインやイロは多彩だそうです。レンガ調のものもあるそうです。耐久性が高くて、最近は光触媒によって汚れが落ちやすいものも出てきたそうです。美観を長く保つことができるようになっているそうです。金属系サイディングの素材というのは、ガルバリウム鋼板が主流だそうです。軽量なのが特徴だそうです。重ね張りをしても、建物の重量を抑えられるのがメリットだそうです。リフォームにタイルを用いることもあるそうです。タイルは、耐久性が高くて、塗り直しもほとんどないそうです。見た目も重量感があって、その点を好む人はたくさんいるそうです。あまり大きいタイルや重量のあるタイルは剥離の原因となるそうです。サイディングでもタイルでも費用対効果を確認してほしいそうです。

-投稿記事
-, ,

Copyright© Florist Eglinton【※普通の花は取り扱っておりません】 , 2020 All Rights Reserved.