インターネット/パソコン 投稿記事

SEOの全体戦略に役立つ調査とは

投稿日:2020年2月23日 更新日:

特定キーワードで上位表示されている競合サイトとの差分を洗い出すのが、競合調査です。対策キーワードで上位にあるような競合サイトは、自社のサイトとの差を確認するのに有効なサンプルとなります。コンテンツが足りないというような事に対し、どれくらいの量が必要だろうかといういう指標にもなります。

上位ランクの競合サイトを目安にしましょう。競合サイトとのいろんな差を考えていけば、実施するべき内容や量を把握できます。そしてそれがSEO対策の全体戦略として役立ちます。それはどのくらいのコストや時間を要するのか、短期で実施できるものか長期にわたって実施するものなのかといったスケジュールを建てることもできます。

競合調査として、対策キーワードにおける上位10サイトのURLを取得する、比較指標を調査する、結果をまとめて比較と施策に落とし込むといったところです。競合サイトと比較すべきこととして、インデックス数、サイト全体でのコンテンツの網羅性、ページ単体でのコンテンツの網羅性、その他基本的な内部施策状況といったものです。

外部の要素としては、被リンク数、被リンクドメイン数、ドメインオーソリティー、ページオーソリティー、ソーシャルアカウントの運用状況といったものです。基本的には、対策キーワードで上位に表示がされているページでの比較になります。サイト全体が持っているポテンシャルこそが順位に大きな影響を与えます。

サイト全体のインデックス数、ドメインオーソリティ、ソーシャルアカウントの運用状況などの項目も比較するとよいようです。競合調査というのは目視で行うこともツールで行うこともあります。ツール利用で時短を狙いましょう。

-インターネット/パソコン, 投稿記事

Copyright© Florist Eglinton【※普通の花は取り扱っておりません】 , 2020 All Rights Reserved.