投稿記事

適度に摂りたいビタミンC

投稿日:2020年12月5日 更新日:

ビタミンCは壊血病の研究から発見された水溶性のビタミンだそうです。アスコルビン酸というのが化学名だそうです。壊血病というのは血管がもろくなって歯茎や内蔵から出血してしまってやがて死んでしまう病気だそうです。昔は代謝法が分からないということで恐れられていたそうです。ビタミンCが不足してコラーゲンが生成されないことから起こる病気ということがわかったことで、その後の治療法が確立したそうです。ビタミンCというのはコラーゲン生成に関わって血管や皮膚などを健康に保つサポートをするそうです。免疫を強化して、ストレスに対抗するというなど、さまざまな働きがあるそうです。ビタミンCは、コラーゲンが合成されるときに欠かせないものだそうです。コラーゲンというのは皮膚や腱、軟骨などの結合組織を構成するタンパク質だそうです。皮膚や骨、血管などを丈夫に保つ働きがあるそうです。ビタミンCが不足してしまうとコラーゲンの生成がうまくいかないということで、肌のハリが失われたり、歯茎から出血してしまうそうです。ビタミンCというのは抗ストレスにも働くそうです。ヒトはストレスを感じると、それに対抗するためアドレナリンを放出して、防御態勢に入るそうです。このときに大量のビタミンCが消費されるそうです。ビタミンCというのは抗酸化が強いそうです。過酸化脂質の生成を抑えて、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防する働きがあるそうです。免疫力を強化する作用があるそうです。抗癌作用としても期待されているそうです。ビタミンCが不足してしまうと感染症にかかりやすくなるそうです。サプリを一度に大量に摂取すると、下痢、嘔吐、発疹がみられることもあるそうです。

サイトーの、キノコとサプリメントな日々

-投稿記事

Copyright© Florist Eglinton【※普通の花は取り扱っておりません】 , 2021 All Rights Reserved.