生活/住まい

「熱伝導」について

投稿日:2021年12月1日 更新日:

熱伝導というのは、ある物質において熱が高温から低温へ移動する現象のことです。そして、この伝わりやすさは数字で表すことができ、その値を「熱伝導率(単位W/m・K)」と言います。なお、この値が大きければ大きいほど熱が素早く伝わることを意味します。
そんな熱伝導率は、物質ごとはもちろんのこと、状態によってもその値が異なります。たとえば、気体より液体のほうが熱を伝えやすく、液体よりさらに固体のほうが熱を伝えやすい性質を一般的に持っています。また、この熱伝導率は断熱効果を考えるときにも役立つ存在です。前述したとおり気体である空気は熱が伝わりにくいという特徴があるので、断熱に適しているということが言えます。熱伝導は熱交換器に欠かせないものの1つとなっています。熱伝導と関係の深い熱交換器に関する原理や仕組みが知りたい方は以下のサイトがおすすめです。

熱交換器の原理を解き明かします

-生活/住まい

Copyright© Florist Eglinton【※普通の花は取り扱っておりません】 , 2022 All Rights Reserved.