「執筆/出版/自費出版」 一覧

自費出版

ノンフィクションで、自分と他人を書く

ノンフィクションは、一番、自費出版に向いていると言えるでしょう。自分について書く自分史が、この分野にあたります。自分の記憶のストックが、自分史のデータになります。日記を読み直してもいいですし、また、昔 ...

自費出版

人物以外をノンフィクションで書く

過去から現在までの、事実や、社会の潮流をフィクションで書くことがあります。その表現の仕方によって、日記、エッセー、評論、記録、ルポルタージュ、論文などに分けられます。 人物以外を書く場合、著者と対象の ...

自費出版

自費出版で実用書を書く

方法や技法を、一般読者が理解できるように書くものを、実用書といいます。あるいは解説書とも呼ばれているもので、この領域は、自費出版に向いていると言えます。書く事柄はたくさんあります。どこの書店に行っても ...

自費出版

タイトル、サブタイトル(副題)と表紙について

オンラインストアで本を売り出す場合、タイトルを考えると同時に、サブタイトル(副題)も考えたら良いでしょう。タイトルでは、読者の注目を集めるようなものを、サブタイトルには、本を検索にかかりやすくするため ...

自費出版

自費出版のテーマ

自分史と言われる、自分の人生をテーマにした本は、自費出版の主流を占めています。 何も、生まれてから今までのことを、全部書けとは言いません。一定の時期の出来事や、人生の転機に起こったことについて詳しく書 ...

自費出版

自費出版におけるいい本とは

今の時代、お金を出せは自費出版で、本は作れます。しかし、いい本となると話は別になります。 プロの作家でも難しいことです。 ですが、一般の人が書くいい本とは、自己満足でもいいのです。自分の書いた本に、自 ...

自費出版

書きたい素材か、書きたくない素材か

書きたい素材だけを追いかけて、書きたくない素材には蓋をする。一見、それでいいように思ってしまいますが、実際には、そうもいきません。いい本を書こうと志したら、書きたい素材を封印し、書きたくない素材の蓋を ...

自費出版

他人にご用心!?

自分ではなく、他人をテーマにして書くことについて考えてみましょう。 これは、自分のために書く、自分にとってのいい本になるのは難しいです。 好きだった人や、恨みを持つ人への気持を綴っても、本のテーマには ...

自費出版

フィクションと自費出版

フィクションとは作り話のことで、つまり嘘のことです。 何を書いてもいいのです。 しかし、ノンフィクションは、事実かどうかのウラを取る必要があります。 フィクションの場合は、曖昧なままで大丈夫です。 小 ...

自費出版

フィクションかノンフィクションか

テーマが決まったら、次は表現の方法や様式を選びます。 フィクションか、はたまたノンフィクションか? 架空の物語にするか、実際にあったことをそのまま書くのかを決めます。 架空の物語は、小説にするのが、一 ...

Copyright© Florist Eglinton【※普通の花は取り扱っておりません】 , 2019 All Rights Reserved.