投稿記事

仕切りを使ったセキュリティ対策

投稿日:2022年4月7日 更新日:

オフィス内では、社外、もしくは社内の人にさえ見られてはいけない書類も多くあります。とは言え、人通りがあるところでは、うっかり見えてしまうという事も考えられるでしょう。情報を見せたくないという場合には、仕切りを使うのが有効です。仕切りを行う場所は、『完全に覆って見えなくしてしまう』『ある程度見えるようにする』など、程度が違います。例えば役員室や書類を保管する倉庫、ロッカールームなどはしっかりした仕切りが必要です。見られる・聞かれる事で問題が発生してしまいます。一方で、コピー機やコーヒーマシンが置いてあるような場所は、逆にある程度は見えていた方がいいでしょう。使う場所によって、仕切りも変えていければ安心です。特に大切な情報を扱う際には、レイアウトを考える時点でしっかりと気にしておかなくてはなりません。このように、オフィスに関して気にした方がいい事は沢山ありますが、オフィスそのものを移転しようと考える方もいるかと思います。そのような方は↓のサイトが参考になると思うので、よかったら見てみて下さい。

オフィス移転を検討してみましょう-企業のターニングポイントになります

-投稿記事

Copyright© Florist Eglinton【※普通の花は取り扱っておりません】 , 2022 All Rights Reserved.